研究業績

研究業績 英文


  1. Okabe,T., Fujisawa, M., Yamane, A., and Yamamoto, K. Long-term remission of bronchial asthma by holistic therapy with traditional Chinese medicine. Eur. Respir. J.16(Suppl.31): 32s, 2000.

  2. Kaneko,A.,Cho,S.,Hirai,K.,Okabe,T.,Iwasaki,K.,Ouchi,Y.,Cyong,J.C.
    Hange-koboku-to, a Kampo medicine, modulates cerebral levels oh 5HT (5-hydroxytriptamine) and DA(dopamine) in mice. Phytother. Res. 19:491-495, 2005.

  3. Yu, J., Eto. M., Akishita, M.,Kaneko, A., Ouchi, Y.and Okabe, T.  Signaling pathway of nitric oxide production by ginsenoside Rb1 in human aortic endothelial cells: A possible involvement of androgen receptor. Biochem. Biophys. Res. Commun. 353:764-769, 2007.

  4. Okabe, T., Fujisawa, M., Sekiya, T., Ichikawa, Y., and Goto, J. Successful treatment of spinocerebellar ataxia 6 with medicinal herbs. Geriatr. Gerontol. Int.7:199-201,2007.

  5. Okabe, T. Differential diagnosis of arterial hypertension by systems review and treatment with medicinal herbs: A preliminary report.  International Medical Journal (IMJ) 14;113-116, 2007.

  6. Okabe, T. Differential diagnosis of bronchial asthma by systems review and induction of symptom-free remission with medicinal herbs: An alternative therapeutic approach. International Medical Journal (IMJ) 14: 117-121,2007.

  7. Okabe T. Remission induction by systems therapy with medicinal herbs of inhaled steroid resistant asthma. International Medical Journal (IMJ) 14: 211-214,2007.

  8. Tsuji K., Koizumi H., and Okabe T. Successful treatment of spondylolisthesis with medicinal herbs. Geriatr. Gerontol. Int.8:126-129, 2008.

  9. Koizumi, H., Yu, J., Hshimoto, R., Ouchi. Y., Okabe, T. Involvement of androgen receptor in nitric oxide production by icariin in human umbilical vein endothelial cells. Febs Lett. 584(2020):2440-2444,2010.

  10. Iwaoka, Y., Hashimoto, R., Koizumi, H., Yu, J., Okabe, T.  Selective stimulation by cinnamaldehyde of progesterone secretion in human adrenal cells.  Life Sci. 86:894-898, 2010.

  11. Yu, J., Akishita, M., Eto, M., Koizumi, H., Hashimoto, R., Ogawa, S., Tanaka, K., Ouchi, Y., Okabe, T.  Src kinase-mediates androgen receptor-dependent non-genomic activation of signaling cascade leading to endothelial nitric oxide synthase. Biochem. Biophys. Res. Commun. 424:538-543,2012.

  12. Hashimoto, R., Yu, J., Koizumi, H., Ouchi, Y., Okabe, T.  Ginsenoside Rb1 prevents MPP(+)-induced apoptosis in PC12 cells by stimulating estrogen receptors with consequent activation of ERK1/2, Akt and inhibition of SAPK/JNK, p38 MAPK. Evid Based Complement Alternat Med.2012;2012:693717,8  pages,2012.doi:10.1155/2012/693717

  13. Wieland LS, Manheimer E, Sampson M, Barnabas JP, Bouter LM, Cho K, Lee MS, Li X, Liu J, Moher D, Okabe T, Pienaar ED, Shin BC, Tharyan P, Tsutani K, van der Windt DA, Berman BM. Bibliometric and content analysis of the Cochrane Complementary Medicine Field specialized register of controlled trials. Syst Rev. 2013 Jul 4;2:51. doi: 10.1186/2046-4053-2-51.
  14. Okabe T.  Remission induction of spinocerebellar ataxia 6 with medicinal herbs. Aging Res Open Acc.2018:AROA-108. DOI:10.29011/AROA-108. 100008

研究業績 和文

  1. 岡部哲郎 証の科学的分析と臨床への応用.
    Prog. Med.15:113-116,1995.
  2. 藤沢道夫、朴 雲峰、李 薇、岡部哲郎 人参の有効成分ginsenosidesによる白血病細胞株の分化誘導.
    Prog. Med. 15: 2184-2187,1995.
  3. 岡部哲郎 証の科学的分析.
    Prog.Med.15:2214-2218,1995.
  4. 折茂 肇、磯部 秀之、岡部哲郎、西山信好 東洋医学をどこまで科学できるか:東京大学医学部付属病院における東洋医学外来の現状と展望.
    第8回日本漢方治療シンポジウム講演内容集、日本アクセルシュプリンガー出版、1995,p8-12.
  5. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    1.漢方医学の歴史と現況 内科79:169-173,1997.
  6. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    2.漢方医学の自然哲学と整体観 内科79:364-367,1997.
  7. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    3.証の科学的断面 内科79:574-577,1997.
  8. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    4.治療的診断としての弁証論治 内科79:789-795,1997.
  9. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    5.生薬の作用と作用部位 内科79:979-982,1997.
  10. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    6.精神活動と五臓六腑 内科79:153-156,1997.
  11. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    7.漢方薬の副作用と誤治 内科80:370-375,1997.
  12. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    13.漢方医になるための医学教育と臨床訓練 内科81:361-362,1998.
  13. 岡部哲郎 入門:内科医のための漢方医学
    14.内科疾患に対する治療成績の実際 内科81:559-561,1998.
  14. 岡部哲郎 肝硬変に合併した肝臓癌の治癒例
    伝統医学3(1):21,2000.
  15. 岡部哲郎、藤沢道夫、山根 章、山本一彦
    難治性喘息の治療に対する中国医学の有用性に関する検討
    漢方と最新治療9(3):263−269,2000.
  16. 岡部哲郎 サルコイド肉芽腫類上皮細胞の由来
    日本臨床 60(9):1714−1719,2002.
  17. 今西二郎、上馬場和夫、岡部哲郎
    代替医療:東西医学の融合を目指して
    現代医療 36(8):1608−1626、2004.
  18. 岡部哲郎 呼吸器疾患と漢方
    現代医療 36(8)1681−1684,2004.
  19. 岡部哲郎 成人喘息の漢方療法
    アレルギーの臨床 25(9)、61−65,2005.
  20. 岡部哲郎 痛みへのアプローチ18 2.漢方薬を投与する前における患者の診察法の注意点
    痛みと臨床 5(3)49−54,2005.
  21. 岡部哲郎 救急医療と漢方
    漢方と最新治療 14(3)193−196,2005.
  22. 喩静、岡部哲郎 脳神経疾患の漢方治療—脳卒中を中心に-
    漢方と最新治療 14(3)217−221,2005.
  23. 岡部哲郎 高齢者における漢方療法の位置づけ 日常診療に活かす老年病ガイドブック
    2.高齢者の薬の使い方 メジカルビュー社 2005,p41-44.
  24. 岡部哲郎 高齢者の漢方治療の実際-その効果と注意点
    介護福祉 61:67−79,2006.
  25. 岡部哲郎 漢方のRCT—その1—特集にあたって
    漢方と最新治療 15(2)85−89,2006.
  26. 岡部哲郎 広がる漢方外来
    NHKきょうの健康 223(10):98−101,2006.
  27. 岡部哲郎 すぐに役立つ漢方処方 4.芍薬甘草湯 臨床研修のための漢方医学入門 高久史麿、北村 聖
    監修:共和企画株式会社 2006,p24−27.
  28. 岡部哲郎 NBMの観点からみた漢方と医療倫理
    漢方と最新治療 16(1):43−46,2007
  29. 岡部哲郎 第57回日本東洋医学会学術総会 学会シンポジウム 漢方のEBMはどうあるべきか 1.漢方のエビデンスは現在どの程度の状況にあるか?
    —エビデンスレポートに見る現状と今後の展開—日本東洋医学会雑誌53(3):435−441、2007
  30. 岡部哲郎 健康食品の漢方 お茶 爽健美茶
    漢方と最新治療 17(2):135−137,2008
  31. 岡部哲郎 健康食品の漢方 お茶 からだ巡り茶
    漢方と最新治療 17(4):330−331,2008
  32. 岡部哲郎 大内義尉 高血圧と漢方
    漢方と最新治療 17(3):183-192,2008
  33. 岡部哲郎 痛みと漢方-特集にあたって-痛みの発生メカニズム
    漢方と最新治療 17(4):239−243,2008
  34. 岡部哲郎 健康食品の漢方 お茶 三十丸
    漢方と最新治療 18(1):76−78.
  35. 鶴岡浩樹, 岡部哲郎, 津谷喜一郎. 漢方薬RCTの構造化抄録におけるコメント記載の改善-第2回エビデンスレポート・タスクフォース・ワークショップ報告-.
    日本東洋医学雑誌 60:177-184,2009
  36. 岡部哲郎 漢方治療のエビデンス
    薬事51(6):823-826,2009
  37. 岡部哲郎 Churg-Strauss症候群の知覚・運動神経障害に対する漢方治療の改善効果
    アレルギーの臨床30(5)、77−79、2010
  38. 岡部哲郎 膠原病の漢方 
    Current Therapy 28(10),60-72、2010
  39. 岡部哲郎 東洋医学はシステムネットワーク医学である
    実験医学 31(5):828−829、2013

東京大学漢方生体防御機能学講座での研究業績